食べ物の専門家

女性

資格を活かして働こう

フードコーディネーターとは「食」の分野を総合的にコーディネートするスペシャリストの事です。例えば、一般的な料理人は調理作業を専門としていますが、フードコーディネーターは商品開発のみならず、料理の盛り付け、料理教室の講師のような仕事から、料理店のプロデュース、メディア戦略や広報マーケティングなどのコンサルタント業務全般まで活動領域が及びます。フードコーディネーターという言葉そのものが広い意味で使われるので、厳密な定義は存在しません。多くの人は特定の分野に特化したフードコーディネーターとしてフリーランスでの活動を行っています。フードコーディネーターの資格はありません。民間資格としてのフードコーディネーターはありますが、国家資格でない為、直接的な活動に影響は及ぼしません。極端な言い方ですが、自称すれば誰でもフードコーディネーターになる事は可能です。プロの料理人と同じように調理師学校で学び、基礎知識と経験を積み上げていく人もいますが、前述のようにフードコーディネーターの活動範囲は多岐に渡る為、専門学校を経由せずフードコーディネーターのアイシスタントとして働き始める人もいます。レシピ開発や料理の盛り付け、あるいは料理学校の講師を目指す場合は調理師学校へ行き、コンサルタント業務を生業とする場合はアシスタントとして現場に赴く、というように分野によって学び方が大きく異なるのもフードコーディネーターの特徴と言えるかもしれません。

Copyright© 2018 フードコーディネーターになろう【必要なスキルをcheck】 All Rights Reserved.