食のスペシャリストになる

調理器具

資格の違いに注目

食に関する資格には様々な種類があり、そのひとつがフードコーディネーターです。食のスペシャリストを証明するこの資格を取得することで、様々な業界での活躍が期待できます。活動領域としては飲食店のメニューや食品メーカーの商品開発、レシピ本の発売や食に関する講演活動、各種メディアでの調理やコーディネートなどがあります。たとえば映画やCMに登場する料理はフードコーディネーターが担当していることが少なくありません。フードコーディネーターは調理だけでなく盛りつけやテーブルコーディネートなども担当するため、幅広い知識を有する必要があります。フードコーディネーターの資格は特定非営利活動法人日本フードコーディネーター協会が認定する資格です。国家資格ではなく業界団体が認定する民間資格となっています。また、活動領域が類似しているフードスペシャリストという資格もあるのでその違いについても知っておく必要があります。フードスペシャリストについては公益社団法人日本フードスペシャリスト協会が認定する資格であり、こちらも民間資格です。この2つの資格は受験資格についても要件が異なるので注意が必要です。フードコーディネータについては中学卒業以上なら誰でも受験することが出来ます。一方、フードスペシャリストについては特定の大学や短大の卒業資格が必要になります。いずれも食の専門知識を証明する資格となっていますが、その内容は異なっているので自分の目指す方向性に合った方を選ぶことが大切です。また、どちらもフードビジネスに関わりたいなら取得しておくことで高い専門性を証明することが出来ます。

Copyright© 2018 フードコーディネーターになろう【必要なスキルをcheck】 All Rights Reserved.