骨董品を買取ってもらうなら信頼できる鑑定士|数十倍もの差が出ます

古い切手を探そう

切手

最近はパソコンやスマホのメールを使うことが多いので、手紙を送ることがだいぶ減っています。10代や20代であれば、手紙すら送ったことがないことも珍しくありません。手紙や封書などを送るときに購入するのが切手です。切手は郵便代として購入することになっています。鹿や金魚、ユリの花などのデザインが使われているのを見たことがあるはずです。また、地域によってはそこの土地に関連するデザインが使われているものもあります。郵便局の窓口で購入することができる通常切手ですが、期間限定など、そのときにしか販売されていなかった切手は高く買取ってもらうことができます。また、オリンピックなどの記念切手よりも高く買取りされることも多いです。なぜ販売されているものが途中で販売中止になるかというと、郵便料金が変わったり、デザインの変更があったりするからです。例えば、印刷する文字を日本語からローマ字に変わったときに販売中止になりました。
現在販売されていない切手以外に高く買取ってもらえるのが、エラー切手です。印刷するときにゴミが入ってしまって変な印刷がされたり、インクが切れて通常の色とは別の色で印刷されたりします。そのように印刷がされたものは高く買取ってもらえます。また、印刷するときにずれてしまったものなども高く買取ってもらえます。細かい部分で異なるものもあるので、切手収集家にはその点がたまらないのでしょう。自宅や祖父母の自宅に古い切手があるのであれば、査定してもらってください。

Copyright © 2016 骨董品を買取ってもらうなら信頼できる鑑定士|数十倍もの差が出ます All Rights Reserved.