調理

生活に活かせる資格

フードコーディネーターの資格が人気の理由は、現代の社会的背景が関係しています。この資格を取得して得られる知識は、日々の食事作りに大きく役立ちます。よって、フードサービスに携わる人だけでなく、主婦からも注目されています。

詳しく見る

女性

食べ物の専門家

フードコーディネーターは「食」の道に精通したスペシャリストの事です。その活動は調理からコンサルトタント業務まで多岐に渡ります。特別な資格は存在しません。調理師学校で学ぶ場合もあれば、フードコーディネーターのアシスタントとして働く人もいます。分野によって学び方が異なるのも大きな特徴です。

詳しく見る

調理器具

食のスペシャリストになる

フードコーディネーターは食のスペシャリストを証明する資格で、フードビジネスに関わる際に役立ちます。また、活動領域が類似するフードスペシャリストという資格もあります。いずれも民間資格となっていますが、受験資格やする団体が異なるので、自分に合った方を選ぶことが大切です。

詳しく見る

ウーマン

食の専門家を目指して

フードコーディネーターの資格を取得するには独学、スクールへ通う、通信制の3つの方法があります。独学は費用が安く時間の制約を受けない方法で、最も手軽です。通学は費用がかかりますが、講師の指導や実技が受けられるというメリットがあります。通信制は費用が低く時間の制約もない方法で、講師への質問も可能です。

詳しく見る

調理

食に関するスペシャリスト

食に関するスペシャリストとしてプロデュースやコーディネートなど幅広く食に関わる職業がフードコーディネーターです。なるためには必ずしも必要な資格はありませんが、調理師免許を取得することで就職に有利に働いたりするため調理師免許の取得も出来る専門学校に通うのが大切です。

詳しく見る

食の知識やスキルが学べる

調理器具

実力の証明できる

フードコーディネーターは、飲食店のメニューを開発したり、テレビや雑誌で紹介するための料理を調理したりします。料理教室の運営などを行うこともあり、フリーランスとして活躍する人が多い職業です。フードコーディネーターになるには資格はいりませんが、食に関する知識が必要とされます。料理のスキルも必要なため、調理の専門学校に通うことが就業の近道と言えるでしょう。また、専門学校に通うことで調理師や栄養士の資格も取得できます。フードコーディネーター以外の仕事に役立たせることもできるのです。ちなみに、民間資格としてフードコーディネーターの資格が存在しています。食品関連企業へ就職しフードコーディネーターを目指す場合は、この資格も持っていることで実力があることを証明できます。専門学校に通わなくとも、通信講座でこの資格は取得できます。そのため、働きながら取得することも可能です。1級を取得できれば、プロとして活躍できるという証明になるでしょう。専門学校ではなく、栄養学を専攻できる短大や大学に通うことでも、フードコーディネーターを目指せます。学校によっては就職のサポートも充実しているので、食品関連企業への就職が目指せます。フードコーディネーターとして独立するための支援を行ってくれる学校もあるのです。フードコーディネーターを目指すのに、年齢は関係ありません。子育てがひと段落したという人でも、目指すことができるのです。

Copyright© 2018 フードコーディネーターになろう【必要なスキルをcheck】 All Rights Reserved.